日本を代表する有数の山岳リゾート地、「岳の町」長野県大町市に立地する大自然に囲まれた環境であるからこそ、黒部観光ホテルは持続可能な社会の実現、 環境に配慮した運営を継続しながらも新たな取り組みを今後も実施してまいります。

■グランビスタグループ全社的な計画で、生物多様性の保護と人々の持続可能な生活の確保を使命として活動する「レインフォレスト・アライアンス」の活動理念に賛同し、同社認証農園コーヒーを導入します。

【レインフォレスト・アライアンスについて】
1987年ニューヨークに設立された国際的なNGO団体。熱帯雨林を維持することを目的としており、森林の保護や野生動物の保護、当該地域での労働者の権利の保護、福利厚生などが主な活動。樹木伐採、農地拡大、畜牛、観光業等環境的破壊の主要な原因を抑制するため、市場の力を利用し、何億ヘクタールもの森林、農園、牧場、ホテルが、厳しい持続可能な基準と、これらの事業者が雇っている人の権利と福祉が守られているかを確認しています。レインフォレスト・アライアンス認証農園のコーヒーは生態系の保護、農場の質の向上、品質の向上を図ることが可能となり、サスティナブル(持続可能なという意味)な農産物としての基準を満たしています。

■割箸を廃止し、エコ箸を使います。
(箸の先は滑り止め加工がしてあるので安心です)

■食べ残し0を呼びかけます。
「食品ロス削減国民運動」「食べ残しを減らそう県民運動」に賛同します。ついつい取り過ぎて残してしまう事がバイキングではありがちです。自分の食べられる範囲内でお楽しみ頂き、食べ残しがない様ご協力下さい。

■照明は順次LEDに交換し、
無駄な電力を削減、二酸化炭素の排出を軽減します。

■ゴミの分別を行い、
生ごみは全量堆肥化、ビン・缶・ペットボトルはリサイクルします。

■可能な限り大町・信州産の食材を使い、
地産地消を心がけ、フードマイレージを削減します。

■館内だけでなく、
毎月2回、大町温泉郷内の環境美化清掃を実施しています。

黒部観光ホテルは、環境省が豊かな低炭素社会の実現を目指し、企業や団体、地域、個人が知識や知恵を共有するキャンペーン「Fun to Share」に参画・宣言しています。

■環境省が豊かな低炭素社会の実現を目指し、
企業や団体、地域、個人が知識や知恵を共有するキャンペーン「Fun to Share」

○Fun to Share 賛同企業・団体一覧
http://funtoshare.env.go.jp/entry/list/

○黒部観光ホテル取組ページ
http://funtoshare.env.go.jp/entry/list/002325_7.html

【「Shaping the Global Future」とは】
誰もが持つ課題には「つながり」があり、視点を変える(広げる)と、課題は様々な社会課題ともつながっています。そうした課題に対し、「多様な文化の伝承と創造」「自然との積極的な共生」という2つのテーマで向き合い、事業活動を通じ解決を目指すこと、それが私たちグランビスタの取り組む共有価値創造活動、「Shaping the Global Future」です。
>>グランビスタ共有価値創造活動「Shaping the Global Future」

∧ ページのトップへ

GRANVISTA Hotels & Resorts Co., Ltd.

© 2016 GRANVISTA Hotels&Resorts co.,Ltd. All Rights Reserved.