新着情報

2020.03.14

お知らせ

イベント

「トロバス」最後の1台保存寄付にご協力下さい!

「READYFOR ふるさと納税」
「解体を待つ奇跡の1台「トロバス」を保存して守りたい!」
4/30迄寄付募集しています。
皆様のご協力により第1目標の180万円達成!
今後のバスの補修・維持管理費がまだ必要です。
皆さまお力添え頂けます様、よろしくお願い致します。


トロバスは、
1964年〜2018年まで、その黒部ダムと大町市(扇沢駅)間で
「関電トンネルトロリーバス」(通称「トロバス」)として
運行していました。
トロバスは、バスという名前を戴きながら、実は鉄道の一種と
して区分されているというユニークな乗り物です。
環境にも配慮され54年間走り続け幕を閉じたトロバスには、
多くの大町市民の思い出が残っています。
2019年~は電気バスに変わり、さらなる環境負荷低減に
努めています。
 

長年に渡り、大町の歴史とともに存在してきたこの車両を後世にも
語り継ぐべく、現存する最後の1台を保存するプロジェクト。
「奇跡の1台」を残すために、何が何でも、このクラウド
ファンディングを成功させなければならない。
さらに多くのファンの方々にも助けて頂きながら、必ず保存に
繋げていきたいと思います。
ご支援・ご協力寄付を頂けます様、よろしくお願い致します。

 

寄付はこちらからお願い致します!