新着情報

2017.05.31

お知らせ

絶滅危惧 ライチョウの為、寄付

大町温泉郷観光協会、黒部観光ホテルは、
市立大町山岳博物館のライチョウ飼育事業の為に
集めた黒部観光ホテル専用宿泊プラン売上の一部
及び大町温泉郷各ホテルに設置された募金箱の募金
平成28年度分を大町市教育委員会に寄付致しました。

雷鳥は、国の平成24年のレッドリスト及び、
2015年3月の長野県版レッドリスト改定において、
絶滅危惧IB類にランクアップされており、その保護
増殖が急務です。

黒部観光ホテルは、2015年5月から市立大町山岳
博物館の入館がセット、売上の一部を市立大町山岳
博物館のライチョウ飼育事業に寄付をする宿泊プラン
を販売。
2016年4月~大町温泉郷全ホテルに募金箱を設置し、
大町温泉郷全体でライチョウ飼育事業に挑戦する
市立大町山岳博物館を応援しています。

宿泊プラン及び温泉郷内各ホテル設置の募金箱を
利用頂き、ライチョウの保護増殖に協力頂きたく、
よろしくお願い致します。


市立大町山岳博物館では、外来種「スバールバル
ライチョウ」に続き、国特別天然記念物「ニホン
ライチョウ」のふ化~飼育を行っています。
「ニホンライチョウ」の飼育は国内で、市立大町山岳
博物館、富山ファミリーパーク、上野動物園の3園館で
のみ飼育されています。

市立大町山岳博物館